【MBA留学体験記】香港科技大学(HKUST) 垣下 至徳<2017年入学>

 

プロフィール

 

名前 :    垣下 至徳 Kakishita Yukinori

入学時年齢 : 29歳

入学前学歴 : 早稲田大学 教育学部 (2012年3月卒業)

職歴 :    (現職)Deloitte Consulting(勤務地:香港)

       (MBA 前)PwC Consulting (勤務地:日本) <MBA前:勤務年数約5年>

留学方法 :  私費

海外経験 :   (MBA 前) 大学時代、イギリスに1年間の留学経験あり

TOEFL:   Total 101 (L24/ R27/ S23/ W27) 

GMAT :   Total 690 (Q48/ V37/ AWA5.0)

 

 

アジアに拠点を移すことを見据えた、アジアMBA(選んだ理由)

 

「2030年までに、GDP、人口、軍事費、技術投資額の観点で、アジアは北米と欧州の合計を上回る」[1]と言われています。これだけでもこれからの数十年はアジアが世界をリードする最もホットな地域であることが推測できます。しかし、私がアジアを留学先に選んだのは、もちろんそういった将来的なビジネスチャンスの拡大という理由もありますが、それ以上に「アジアが性に合っていた」ことが大きな理由でした。学部時代にイギリスへ1年間留学し、更にバックパッカーとしてアジア、ヨーロッパ、北米、アフリカと約30ヶ国を旅してきましたが、様々な地域を経験した後に、最終的に私が戻ってきたのはアジアでした。それは、アジアには独特の熱気や喧噪、フレンドリーで明るい人々、そして豊かな食文化といった数字では表れない魅力があり、自分が最も居心地が良いと感じた土地がアジアだったからです。そして、この先数十年はアジアに生活と仕事の拠点を移したいと思ったことが、MBAの留学先としてアジアを選択した最大の理由です。

 

とはいえ、アジアと一口に言ってもその中にも様々な選択肢がありますが、当初はどちらかというと東南アジアに強く惹かれていたこともあり、シンガポール(シンガポール国立大学, NUS/南洋理工大学, NTU)を第一候補とし、第二候補として香港(香港科技大学, HKUST/香港大学, HKU)を挙げていました。しかし、実際にビジットを行い、在校生や大学スタッフと直接会い情報収集を重ねたところ、シンガポールは近年外国人に対して就労ビザの発行条件を厳格化してきており、卒業後に現地で就職することが難しいという話を伺いました。一方で香港であれば、現地での就職は比較的難しくないという情報を得たことから、第一候補を香港に変更しました。ちなみに、入学後に知ったのですが、香港ではIANGという現地の大学を卒業した外国人が取得できるビザがあり(2018年現在)、このビザであれば企業のスポンサーなしで就労権が得られるため、外国人が香港で就職する際の強力なアドバンテージとなっています。

 

なおHKUSTとHKUについては、両校から合格をいただき、最後まで悩んだのですが、HKUSTの方がクラスサイズが大きいため、より広い人脈が築けることと、HKUSTがコンサルティングに特化したカリキュラムも有していたことから、最終的にHKUSTを進学先に決定しました。

 

[1] National Intelligence Council. (2012). Global Trends 2030: Alternative Worlds

 

 

全体スケジュール

 

HKUSTのプログラムは12ヶ月または16ヶ月と期間を選ぶことができます多くの学生は最後のタームに海外の提携校に交換留学に行くため16ヶ月を選択しますが、私の場合は内定先から早く働き始めるようにプレッシャーをかけられたため、やむなく12ヶ月を選択しました。なお、12ヶ月の場合は2年目の夏休みの間に選択授業を受講するため、12ヶ月でも16ヶ月でも取得する単位数は変わりません。

<取得コース数>

各タームで取得したコース数

<忙しさ度合>

各ターム毎費やした時間を%で表示

 

 

あわせて読みたい