タグ: シンガポール

主要アジアMBA各校新型コロナウィルスへの対応状況

「主要アジアMBA各校新型コロナウイルスへの対応状況」アンケート結果

アジア留学協会では、主要アジア(中国大陸・台湾・香港・シンガポール)MBAトップスクール12校に対して、新学期の開始状況、授業の実施形態、来年度の出願・選考への影響など新型コロナウイルスによるMBAプログラムの影響を調査しました。

Hong Kong ShaTin

アジアMBA各学校比較(2020/2021年版)

主要アジアMBA(中国大陸、香港、台湾、シンガポール)各校のプログラム期間、クラスサイズ、学費、出願期間、必要スコアの最新情報を掲載。アジアMBAと欧米MBAの違いを、アジアMBAならではの特長としてご紹介します。

アジアMBA夏祭り_第8回_パネルディスカッション

【イベント告知・2020/8/15(土)ウェビナー開催】アジア現地で活躍する卒業生によるパネルディスカッション

近年アジアMBAを目指す日本人の中でも、卒業後もアジア現地で働きたいという方の割合が増えています。今回アジアMBA夏祭りの特別企画として、MBA後今まさにアジア各地でキャリアを積んでいる卒業生をオンラインにて繋ぎ、留学生活、就職活動、現地での仕事にMBAが活きている点など、詳しくお聞きします。

NUS_酒谷_トップ画像

【MBA留学体験記】シンガポール国立大学(NUS)酒谷彰一 <Class of 2019>

社費留学でシンガポール国立大学(NUS)に進学され、留学後そのままシンガポール支店に赴任されている酒谷さんの留学体験記です。仕事に直結しているMBA人脈、印象に残っている授業、交換留学、ジャパントリップなど、詳しくご紹介頂いています。

アジアMBA夏祭り_第8回

【イベント告知】日本最大級のアジアMBAイベント「第8回 アジアMBA夏祭り」、今年はウェビナー開催

今年はオンラインにて、2020年8月15日(土)・16日(日)、2日間開催!中国大陸・台湾・香港・シンガポール・日本より主要MBA13校が集結、総勢50名以上の在校生/卒業生が参加する日本最大級のアジアMBAイベントです。

MIT

ダブルディグリーの選択肢が幅広い 〜アジアMBAのメリット〜

取得できる学位は2校でのMBA+MBAだけでなく、エンジニア系、法学、医学、公共政策など多岐にわたります。本記事では、MBA+αとしてのダブルディグリーのメリット、目指す際の注意点、アジアMBA各校のダブルディグリー提携校一覧をご紹介します。