タグ: シンガポール国立大学(NUS)

アジアMBA各学校比較(2021/2022年版)

主要アジアMBA(中国大陸、香港、台湾、シンガポール)各校のプログラム期間・学費・クラスサイズ・留学生比率・MBAランキング・出願情報などの最新情報を一覧で掲載。アジアMBAならではの特長を、プログラム内容・費用・就職・中国語などのポイントごとに欧米MBAと比較しながらご紹介します。

MIT

ダブルディグリーの選択肢が幅広い 〜アジアMBAのメリット〜

取得できる学位は2校でのMBA+MBAだけでなく、エンジニア系、医学、公共政策など多岐にわたります。エリアもアジア+欧米以外にも、アジア+日本のMBAを取得できるプログラムもあります。本記事では、MBA+αとしてのダブルディグリーのメリット、目指す際の注意点、アジアMBA各校のダブルディグリー提携校一覧をご紹介します。

アジアMBA夏祭り2021_パネルディスカッション_レポート記事

【セミナーレポート】アジア現地で活躍する卒業生によるパネルディスカッション

アジアMBA夏祭りの連動企画として、MBA卒業後上海・シンガポール・香港、アジア現地でキャリアを積んでいる卒業生とオンラインで繋ぎ、留学生活、就職活動、現地での仕事にどうMBAが活きている点など、“アジアMBA to アジアで働く”現状をお聞きしたセミナーレポート記事です。

アジアMBA夏祭り2021_top

【イベント告知・2021/8/15(日)】日本最大級のアジアMBAイベント「第9回 アジアMBA夏祭り」

中国大陸・台湾・香港・シンガポール・日本より主要MBA13校が集結、総勢50名以上の在校生/卒業生が参加する日本最大級のアジアMBAイベントです。当日は、参加校各校が学校説明会、Q&Aセッションを開催。MBA進学検討中の方、学校選びに悩んでいる方、来年進学予定の方、皆さま奮ってご参加ください。

アジアMBA夏祭り_パネルディスカッション2021_top

【イベント告知・2021/8/14(土)】アジア現地で活躍する卒業生によるパネルディスカッション

本イベントはアジアMBA夏祭りの連動企画として、MBA後今まさにアジア各地でキャリアを積んでいる卒業生をオンラインにて繋ぎ、留学生活、就職活動、現地での仕事にMBAが活きている点など、「アジアMBA to アジアで働く」現状を詳しくお聞きします。

HARVARD

学費&生活コストが安い!〜アジアMBAのメリット〜

アジアMBAは欧米と比較すると授業料だけで2~5倍の差があります。本記事では、各エリアを代表して、アメリカ/ハーバードビジネススクール(HBS)、欧州/ロンドンビジネススクール(LBS)と中国大陸・香港・シンガポール主要MBA各校の授業料(プログラム期間合計)・生活費(月額)を見ていきます。