タグ: シンガポール国立大学(NUS)

MIT

ダブルディグリーの選択肢が幅広い 〜アジアMBAのメリット〜

取得できる学位は2校でのMBA+MBAだけでなく、エンジニア系、法学、医学、公共政策など多岐にわたります。本記事では、MBA+αとしてのダブルディグリーのメリット、目指す際の注意点、アジアMBA各校のダブルディグリー提携校一覧をご紹介します。

【イベント告知協力・2020/6/21(日)オンライン開催】海外MBA留活交流会2020

海外MBAドットコムさんよりイベントのお知らせです。アジアMBAからは、HKUST/NUS/CEIBSの合格者が参加予定。MBA留学を検討中の方、欧米/アジア幅広い学校の合格者の方の体験談が聞け、交流ができるチャンスです。奮ってご参加ください!

【イベント告知・2020/5/30(土)ウェビナー開催】<アジアMBA卒業生による特別セミナー>高まり続けるアジアMBAの魅力とその後のキャリア

中国大陸・香港・シンガポール各エリアの卒業生とオンラインで繋ぎ、アジアMBAのプログラムや学校生活、その後のキャリアについて体験談を語って頂きます。

NUS_塚田_トップ画像5

【アジアで社費MBA】大手日系製造業からシンガポール国立大学(NUS)へ

社費留学で行くアジアMBA、今回は大手日系メーカーから現在シンガポール国立大学(NUS)MBAに留学をされている塚田さんに、「なぜアジアのMBAか?」「社費学生としてアジアMBAで学ぶメリット等」についてインタビューさせていただきました。