タグ: 中国

fdsm_トップ画像

【学校情報】復旦大学 MBA

復旦大学のプログラム概要、クラスプロファイル、就職情報ハイライト、奨学金、豊富な企業とのネットワークを活かした”School-Enterprise Cooperation Courses”、”Fudan MBA iLab”といった実践的な学習プログラムなど、オフィシャル情報を一挙掲載。

CEIBS school information

【学校情報】中欧国際工商学院(CEIBS)MBA

アドミッションオフィス提供による日本語のオフィシャル学校情報。プログラム概要、奨学金、就職状況ハイライト、クラスプロファイル、日本のMBA受験生へのメッセージを一挙掲載。“China Depth, Global Breadth” をスローガンに掲げ、クラスプロファイルも中国大陸60%以上、中国ビジネスにフォーカスしたMBAプログラムです。

CEIBS_佐竹 晃太さん_プロフィール画像

【セミナーレポート】CEIBS卒業生体験談 佐竹晃太さん

医師でありながら一旦キャリアを中断し中国・CEIBSに留学され、留学2年目にはアメリカ・ジョンズホプキンス大学にて公衆衛生学修士(MPH)を取得、卒業後日本で医療系ベンチャーを起業されたアントレプレナーという異色の経歴を持つ佐竹晃太さんが登壇された『卒業生体験談セミナー』当日の様子をレポートとしてお届けします。

トップ画像_SEM_2021

【学校情報】清華大学 MBA

アドミッションオフィス提供による日本語のオフィシャル学校情報。清華大学のプログラム概要、クラスプロファイル、奨学金、日本の MBA 受験生へのメッセージなど一挙掲載。MIT SLOANからも多くの教授を招聘しており、理系・テック系に強みを持ちます。MIT、HEC、Columbiaとのデュアルディグリープログラムも充実。

アジアMBA各学校比較(2021/2022年版)

主要アジアMBA(中国大陸、香港、台湾、シンガポール)各校のプログラム期間・学費・クラスサイズ・留学生比率・MBAランキング・出願情報などの最新情報を一覧で掲載。アジアMBAならではの特長を、プログラム内容・費用・就職・中国語などのポイントごとに欧米MBAと比較しながらご紹介します。

MIT

ダブルディグリーの選択肢が幅広い 〜アジアMBAのメリット〜

取得できる学位は2校でのMBA+MBAだけでなく、エンジニア系、医学、公共政策など多岐にわたります。エリアもアジア+欧米以外にも、アジア+日本のMBAを取得できるプログラムもあります。本記事では、MBA+αとしてのダブルディグリーのメリット、目指す際の注意点、アジアMBA各校のダブルディグリー提携校一覧をご紹介します。

アジアMBA夏祭り2021_パネルディスカッション_レポート記事

【セミナーレポート】アジア現地で活躍する卒業生によるパネルディスカッション

アジアMBA夏祭りの連動企画として、MBA卒業後上海・シンガポール・香港、アジア現地でキャリアを積んでいる卒業生とオンラインで繋ぎ、留学生活、就職活動、現地での仕事にどうMBAが活きている点など、“アジアMBA to アジアで働く”現状をお聞きしたセミナーレポート記事です。