タグ: 国立台湾大学

アジアMBA_日本人進学数推移_2011-2020_2

アジアMBA各校 日本人進学数(2020年版)

アジア留学協会にて毎年実施している、「主要アジアMBA各校 日本人進学数」2020年の調査結果をご紹介します。本調査では、アジア主要MBA(シンガポール、香港、中国大陸、台湾)各校の日本人進学数、クラスサイズ、日本人比率、過去10年間の日本人進学数推移を見ていきます。

ntu_GMBA_トップ画像

【学校情報】国立台湾大学 Global MBA

国立台湾大学 Global MBAのプログラム概要、奨学金、クラスプロファイル、日本のMBA受験生へのメッセージなど、MBAオフィス提供によるオフィシャル学校情報を一挙掲載。国立台湾大学 Global MBAでは、履修期間は1~4年と自身のキャリアプランに合わせた自由度の高いカリキュラム設計が可能、そして1年間無料の中国語語学コースもあります。

主要アジアMBA各校新型コロナウィルスへの対応状況

「主要アジアMBA各校新型コロナウイルスへの対応状況」アンケート結果

アジア留学協会では、主要アジア(中国大陸・台湾・香港・シンガポール)MBAトップスクール12校に対して、新学期の開始状況、授業の実施形態、来年度の出願・選考への影響など新型コロナウイルスによるMBAプログラムの影響を調査しました。

Hong Kong ShaTin

アジアMBA各学校比較(2020/2021年版)

主要アジアMBA(中国大陸、香港、台湾、シンガポール)各校のプログラム期間、クラスサイズ、学費、出願期間、必要スコアの最新情報を掲載。アジアMBAと欧米MBAの違いを、アジアMBAならではの特長としてご紹介します。

アジアMBA夏祭り_第8回

【イベント告知】日本最大級のアジアMBAイベント「第8回 アジアMBA夏祭り」、今年はウェビナー開催

今年はオンラインにて、2020年8月15日(土)・16日(日)、2日間開催!中国大陸・台湾・香港・シンガポール・日本より主要MBA13校が集結、総勢50名以上の在校生/卒業生が参加する日本最大級のアジアMBAイベントです。

国立台湾大学_トップ画像2

コスパ&知名度抜群!穴場のアジアMBA “国立台湾大学GMBA”

台湾でも英語で学べるMBAがあるのをご存知でしょうか?台湾の東大とも言われる最高学府である“国立台湾大学”のGlobal MBA(GMBA)プログラムです。今回はこの2019年9月から国立台湾大学GMBAに通う岡田さんに学校選び、出願プロセス、クラスの様子などをお伺いしました。