カテゴリー: 留学準備

アジアMBA_日本人進学数推移_2011-2020_2

アジアMBA各校 日本人進学数(2020年版)

アジア留学協会にて毎年実施している、「主要アジアMBA各校 日本人進学数」2020年の調査結果をご紹介します。本調査では、アジア主要MBA(シンガポール、香港、中国大陸、台湾)各校の日本人進学数、クラスサイズ、日本人比率、過去10年間の日本人進学数推移を見ていきます。

主要アジアMBA各校新型コロナウィルスへの対応状況

「主要アジアMBA各校新型コロナウイルスへの対応状況」アンケート結果

アジア留学協会では、主要アジア(中国大陸・台湾・香港・シンガポール)MBAトップスクール12校に対して、新学期の開始状況、授業の実施形態、来年度の出願・選考への影響など新型コロナウイルスによるMBAプログラムの影響を調査しました。

Hong Kong ShaTin

アジアMBA各学校比較(2020/2021年版)

主要アジアMBA(中国大陸、香港、台湾、シンガポール)各校のプログラム期間、クラスサイズ、学費、出願期間、必要スコアの最新情報を掲載。アジアMBAと欧米MBAの違いを、アジアMBAならではの特長としてご紹介します。

6日間でアジアトップスクールのMBAを体験できる“CEIBS Pre-MBA Boot Camp”、今年は3月実施

コロナ禍の影響で、毎年夏に実施されていた“CEIBS Pre-MBA Boot Camp”が今年は2021年3月実施されます。短期間でアジアMBAのエッセンスが体験できるので、MBAに興味はあるがまだ検討中という方にもオススメです。

MIT

ダブルディグリーの選択肢が幅広い 〜アジアMBAのメリット〜

取得できる学位は2校でのMBA+MBAだけでなく、エンジニア系、法学、医学、公共政策など多岐にわたります。本記事では、MBA+αとしてのダブルディグリーのメリット、目指す際の注意点、アジアMBA各校のダブルディグリー提携校一覧をご紹介します。