カテゴリー: 留学準備

Virtual Classroom 2_HKUST_DiMBA

香港科技大学(HKUST)がアジア初の完全オンラインで学位取得ができる“Digital MBA”を2022年スタート!

アジアMBAトップ校の一つ香港科技大学(HKUST)が2022年にデジタルMBAをスタートします。本記事では、“Digital MBA for Global Leaders”の特徴、各プログラム比較(Full-time・Part-time,・Digital)、MBAオフィスからの日本人候補者へのメッセージを紹介します。

アジアMBA各学校比較(2021/2022年版)

主要アジアMBA(中国大陸、香港、台湾、シンガポール)各校のプログラム期間・学費・クラスサイズ・留学生比率・MBAランキング・出願情報などの最新情報を一覧で掲載。アジアMBAならではの特長を、プログラム内容・費用・就職・中国語などのポイントごとに欧米MBAと比較しながらご紹介します。

MIT

ダブルディグリーの選択肢が幅広い 〜アジアMBAのメリット〜

取得できる学位は2校でのMBA+MBAだけでなく、エンジニア系、医学、公共政策など多岐にわたります。エリアもアジア+欧米以外にも、アジア+日本のMBAを取得できるプログラムもあります。本記事では、MBA+αとしてのダブルディグリーのメリット、目指す際の注意点、アジアMBA各校のダブルディグリー提携校一覧をご紹介します。

HARVARD

学費&生活コストが安い!〜アジアMBAのメリット〜

アジアMBAは欧米と比較すると授業料だけで2~5倍の差があります。本記事では、各エリアを代表して、アメリカ/ハーバードビジネススクール(HBS)、欧州/ロンドンビジネススクール(LBS)と中国大陸・香港・シンガポール主要MBA各校の授業料(プログラム期間合計)・生活費(月額)を見ていきます。

FT global mba ranking 2021

Financial Times MBAランキング2021、清華大学が初登場、CEIBSは4年連続トップ10入り

中国大陸、香港、シンガポール、インド、韓国などアジアMBAから17校がトップ100にランクイン。アジアMBA主要校の過去5年ランキング推移、給与上昇率ランキングデータから、傾向を分析。

アジアMBA_日本人進学数推移_2011-2020_2

アジアMBA各校 日本人進学数(2020年版)

アジア留学協会にて毎年実施している、「主要アジアMBA各校 日本人進学数」2020年の調査結果をご紹介します。本調査では、アジア主要MBA(シンガポール、香港、中国大陸、台湾)各校の日本人進学数、クラスサイズ、日本人比率、過去10年間の日本人進学数推移を見ていきます。

主要アジアMBA各校新型コロナウィルスへの対応状況

「主要アジアMBA各校新型コロナウイルスへの対応状況」アンケート結果

アジア留学協会では、主要アジア(中国大陸・台湾・香港・シンガポール)MBAトップスクール12校に対して、新学期の開始状況、授業の実施形態、来年度の出願・選考への影響など新型コロナウイルスによるMBAプログラムの影響を調査しました。