香港科技大学(HKUST)がアジア初の完全オンラインで学位取得ができる“Digital MBA”を2022年スタート!

 

Financial Times MBA rankingで13年間世界20位以内にランクインなど、アジアMBAトップ校の一つ香港科技大学(HKUST)。そのHKUSTがアジアMBAで初となる、完全オンラインでMBA学位が取得できる“Digital MBA”プログラムを2022年2月にスタートします。

 

本記事では、香港科技大学(HKUST)について、“Digital MBA for Global Leaders(DiMBA)”の特徴、各プログラム比較(Full-time・Part-time,・Digital)、MBAオフィスからの日本人候補者に向けてメッセージをご紹介します。

 

香港科技大学(HKUST)について

 

香港九龍半島に位置するHKUSTビジネススクールは、世界のトップMBAプログラムの一つです。HKUSTのMBAは、14年連続でFinancial Timesの世界のトップ25(※) MBAプログラムにランクインしています。また、世界の4大MBAランキングすべてに掲載されたアジア初のMBAプログラムの1つでもあります。

(※)Financial Times Global MBA Ranking 2021

【学校情報】香港科技大学(HKUST)MBA

 

LSK_HKUST

MBAが入るLSK Business Building

 

 

“Digital MBA for Global Leaders(DiMBA)”の特徴

 

・完全オンラインでFull-time, Part-time MBAと同じ学位を取得

グローバルMBAランキングトップ校の香港科技大学(HKUST) MBAの学位を完全オンラインで取得可能。希望者には、第1週目のキャンパスウィーク・選択科目は対面授業があります。

 

・アジア初のバーチャルクラスルームシステムを導入

テクノロジーでオンライン学習する学生に物理的な教室と同等の学習体験を提供します。最新技術を使ったバーチャル環境下での教授や多様なクラスメイトとのディスカッションやグループワークの経験を通して、これからの職場で成功するために不可欠なデジタルリーダーシップと、チームワーク構築のスキルを磨くことができます。

Asia’s First Virtual Classroom

Virtual Classroom 2_HKUST_DiMBA

アジア初のバーチャルクラスルーム。物理的な教室と同等の環境で、教授と学生が相互に交流することができます。

 

・授業スタイルは“オンラインラーニング50% + バーチャルクラス50% ”

教授・クラスメイトとのバーチャルクラスに参加する前に、自分のスケジュールに合わせ事前に講義ビデオ、オンライン演習を活用し、学習を進めることができます。バーチャルクラスは、MBAコア科目は通常土曜午前中され、午後はフリーです。また選択科目は週末の日中または平日の夜間に開催され、自分の関心とスケジュールに合わせてクラスを取得できます。ライブで行われるバーチャルクラスは、香港と日本は一時間の時差しかなくほぼ同じタイムゾーンのため、日本在住者にとって体力的負担が少ないのも魅力です。

Blended Learning

 

・HKUSTのプログラムで定評があるビジネステクノロジー系クラス

DiMBAプログラムは、ビジネス・テクノロジー両面での知識習得にフォーカスしています。プログラム内容は、ファイナンス、システム、マーケティング実務、経営理論に加え、人工知能(AI)、ビッグデータ、ブロックチェーン技術、Pythonプログラミングなどを設置。ビジネスだけでなく、テクノロジーにおいてもパイオニアになれるプログラム設計をしています。

Curriculum

 

・7年以上の就業経験があればGMAT/GREスコア提出免除の可能性も!

MBA受験で苦労する方が多いGMAT/GREのスコアメイキング。Full-time MBAではスコア提出が必須ですが、DiMBAの場合は就業経験に応じて提出免除の可能性があります。詳しくはAdmission Officeへ問合せ、早めに交渉をすることをお勧めします。

Admission Requirements

 

Campus_HKUST

HKUST Clear Water Bay Campus

 

 

各プログラム比較(Full-time・Part-time・Digital)

 

Full-time MBA Part-time MBA Digital MBA
スタイル 全日/対面 毎週or隔週/対面 オンライン+キャンパスウィーク(1週間)+<オプション>対面での選択科目
期間 12 or 16カ月 18カ月 2年
プログラムスタート 8月 8月 2月
GMAT/GREスコア 必要 必要

※但し7年以上の就業経験がある人は条件次第で免除も可能

必要

※但し7年以上の就業経験がある人は条件次第で免除も可能

授業料 HK$585,000
(~US$75,300)
HK$450,000
(~US$58,000)
HK$450,000
(~US$58,000)
平均就業年数 4-6 年 8-10 年 10-12 年
出身エリア 全世界 香港、マカオ、深セン、広州などグレーターベイエリア アジア
目指すキャリアゴール キャリアスイッチ(ロケーション/職種/業種) キャリアアップ キャリアアップ

詳細はこちら

 

 

日本人候補者に向けてのメッセージ

TAI-YUAN CHEN_HKUST

TAI-YUAN CHEN. Professor(HKUSTビジネススクール副学部長/MBAディレクター)

 

世界がデジタル化する中、ビジネスリーダーにとっての課題は二つあります。テクノロジーを適切に活用する方法を学ぶだけでなく、それぞれのビジネスにおけるテクノロジーの役割と範囲を拡大するための持続可能な方法を発見することが必要です。そのため、キャリア志向の強い社会人やビジネスリーダーを目指す人は、デジタルの世界をナビゲートするためのスキルを身につける必要があります。

 

大学院のプログラムで学ぶのは一つの方法です。自分の興味のある分野の知識を増やし、多様なクラスメイトとの新しいコラボレーションの機会を得て、同じ分野のプロフェッショナルとの新しい繋がりを作ることができます。しかし、アジアの学生には現実的な問題があります。トップスクールのプログラムはほとんどが北米やヨーロッパのビジネススクールで提供されているため、ライブのオンラインクラスに参加したり、チームプロジェクトやグループディスカッションに地球の反対側の学生と一緒に参加したりするのは難しい場合が多いのです。

 

そこで香港科学技術大学(HKUST)ビジネススクールは、実践的なニーズに合わせたデジタルに特化した大学院プログラムを探している日本の社会人向けに、「Digital MBA for Global Leaders」プログラムを開始しました。

プログラム詳細については、こちらのサイトをご覧ください。

 

 

<香港科技大学(HKUST)関連記事>
【セミナーレポート】香港科技大学(HKUST)卒業生が語る留学・キャリアチェンジ体験談
【MBA留学体験記】香港科技大学(HKUST) 牧島 諒 <2020年入学>
【MBA留学体験記】香港科技大学(HKUST) 童 心<2019年入学>
【MBA留学体験記】香港科技大学(HKUST)池田 豊 <2018年入学>
【MBA留学体験記】香港科技大学(HKUST) 垣下 至徳<2017年入学>

 

<オンラインプログラム関連記事>
中国の最高学府 北京大学 がシニアマネージメント層向けに“CHINA BUSINESS INSIGHT”を学ぶオンラインプログラムを開講

おすすめ