fdsm_トップ画像

【学校情報】復旦大学 MBA

復旦大学のプログラム概要、クラスプロファイル、就職情報ハイライト、奨学金、豊富な企業とのネットワークを活かした”School-Enterprise Cooperation Courses”、”Fudan MBA iLab”といった実践的な学習プログラムなど、オフィシャル情報を一挙掲載。

CEIBS school information

【学校情報】中欧国際工商学院(CEIBS)MBA

アドミッションオフィス提供による日本語のオフィシャル学校情報。プログラム概要、奨学金、就職状況ハイライト、クラスプロファイル、日本のMBA受験生へのメッセージを一挙掲載。“China Depth, Global Breadth” をスローガンに掲げ、クラスプロファイルも中国大陸60%以上、中国ビジネスにフォーカスしたMBAプログラムです。

トップ画像_SEM_2021

【学校情報】清華大学 MBA

アドミッションオフィス提供による日本語のオフィシャル学校情報。清華大学のプログラム概要、クラスプロファイル、奨学金、日本の MBA 受験生へのメッセージなど一挙掲載。MIT SLOANからも多くの教授を招聘しており、理系・テック系に強みを持ちます。MIT、HEC、Columbiaとのデュアルディグリープログラムも充実。

nus_トップ画像

【学校情報】シンガポール国立大学(NUS)MBA

シンガポール国立大学(NUS) のプログラム概要、クラスプロファイル、就職情報ハイライト、奨学金、NUS MBAの強みなど、オフィシャル学校情報を一挙掲載。グローバルMBAランキングでもトップ常連校で、毎年10人近く日本からも留学生が進学するアジアMBA人気校の一つです。

Virtual Classroom 2_HKUST_DiMBA

香港科技大学(HKUST)がアジア初の完全オンラインで学位取得ができる“Digital MBA”を2022年スタート!

アジアMBAトップ校の一つ香港科技大学(HKUST)が2022年にデジタルMBAをスタートします。本記事では、“Digital MBA for Global Leaders”の特徴、各プログラム比較(Full-time・Part-time,・Digital)、MBAオフィスからの日本人候補者へのメッセージを紹介します。

ntu_GMBA_トップ画像

【学校情報】国立台湾大学 Global MBA

国立台湾大学 Global MBAのプログラム概要、奨学金、クラスプロファイル、日本のMBA受験生へのメッセージなど、MBAオフィス提供によるオフィシャル学校情報を一挙掲載。履修期間は1~4年と自身のキャリアプランに合わせた自由度の高いカリキュラム設計が可能、さらに1年間無料の中国語語学コースもあります。

MIT

ダブルディグリーの選択肢が幅広い 〜アジアMBAのメリット〜

取得できる学位は2校でのMBA+MBAだけでなく、エンジニア系、医学、公共政策など多岐にわたります。エリアもアジア+欧米以外にも、アジア+日本のMBAを取得できるプログラムもあります。本記事では、MBA+αとしてのダブルディグリーのメリット、目指す際の注意点、アジアMBA各校のダブルディグリー提携校一覧をご紹介します。