【学校情報】清華大学 MBA

トップ画像_SEM_2021

 

清華大学経済管理学院

Tsinghua University School of Economics and Management

 

プログラム概要

清華SEM_プログラム概要_2020

 

グローバルランキング

清華大学は、クオリティの高い教育と研究で知られるグローバル大学です。世界第17位(QS 2022)、アジア第1位(US News 2021、THE 2021)にランクされた清華大学は、世界で最高クラスの大学になることを目指しています。

 

教授陣

清華SEM と MIT SLOANのジョイント教授陣

 

コアコース/選択科目

1年次の総合的なコアコースでは、ジェネラルマネージメントに一不可欠な知識とスキルの基礎を学びます。
12トラックの選択科目では、自分のキャリア志向や情熱に基づき、英語と中国語の幅広い選択科目の中から選ぶことができ、業界の著名なリーダーが教える選択科目は、実際のビジネスの現場から導かれた実践的な知識を身につけることができます。
チャレンジしたい人のためには、中国語で行われる人気のコースも多数用意されています。

 

アルムナイネットワーク

清華MBA同窓会は2000年4月30日に設立され、清華大学最大の同窓会組織として、清華MBA全プログラムの卒業生が参加しており12,000人以上の会員がいます。

清華大学の卒業生は、中国政府、ビジネス、学術界や世界の重要な組織に多大なる影響力を持っています。卒業生には、物理学でノーベル物理学賞を受賞した楊陳寧氏と李通達氏、中国政府では習近平国家主席、胡錦濤元国家主席、呉邦国元全国人民代表大会議長、朱栄子元中国首相などがいます。

清華MBA同窓会は、業界、卒業年度、国や地域に応じていくつかのクラブを設立しています。多数の同窓会イベント、充実したオンライン同窓会プラットフォーム、メンタリングプログラムなどにより、同窓会は同窓生が生涯にわたりネットワークを広げ、キャリアを発展させるための様々な機会を提供しています。

 

 

メンタープログラム

AMP(Alumni Mentorship Program)は、共有、知識の伝達、相互利益という私たちの信念を体現しています。AMPでは、MBAの卒業生をメンターとして招聘し、在校生にコースワークやキャリア開発についてアドバイスすると同時に、卒業生には母校を訪問し清華大学MBAが提供するリソースを享受する機会を提供しています。

 

ダイバーシティコンサルティングプロジェクト

・China Lab
2008年よりMBAの学生がMITスローンの学生と一緒に、毎年”China Lab”に参加する機会を設けています。本プログラムの学生2名とMITスローンの学生2名が、中国企業や組織が主催する4~5つのプロジェクトに参加し、コンサルティングを行い課題解決に貢献します。

 

・Fin-Lab
“Fin-Lab”は、清華SEM MBAプログラムとフィンランド政府がグローバルにイノベーションとビジネス開発を推進するために新たに設立した”Business Finland”と共同で実施するコンサルティング教育プログラムです。現地の深い知識とグローバルな視点を融合し、フィンランドの中小企業が中国市場へ進出・開拓を行うために必要な戦略的コンサルティングやビジネスプランニングを提供します。

 

・Thai-Lab
“Thai-Lab”は、清華SEM MBAプログラムとタイの”Sasin School of Management”が共同で実施するコンサルティング教育プログラムです。本プログラムでは、Belt and Road Initiative(BRI)に注目し、中国でのビジネスチャンスを模索するタイの企業に対して、現地の深い知識とグローバルな視点を融合させた戦略的なコンサルティングと事業計画を提供することを目的としています。

 

交換留学

清華SEMは、世界中のトップビジネススクールと広範囲なネットワークを構築しており、あなた自身の興味・目標による国際的な活躍の機会を提供しています。交換留学のシステムは、24の国と地域にある提携校のいずれかで1学期間を過ごし、清華大学MBAの学費の中で交換可能な単位を取得することができます。また毎学期約100名の学生が提携校から交換留学先として清華SEMに来ており、これらの学生により本校はより多様性豊かになり、クラスルームはよりグローバルな環境になっています。

 

デュアルディグリー

清華大学では以下6種類のDual Degreeプログラムを提供しています。これらのプログラムでは、一年目を清華大学、二年目を提携校にて学ぶことで、両校での学位を取得することが可能です。

  • Tsinghua MBA + MIT Master of Science in Management Studies(MSMS)
  • Tsinghua MBA + HEC Paris MBA Program
  • Tsinghua MBA + Columbia Master of Science in Operation Research
  • Tsinghua MBA + Columbia Master of Science in Business Analytics
  • Tsinghua MBA + Columbia Master of Science in Management Science and Engineering
  • Tsinghua MBA + Columbia Master of Science in Industrial Engineering
  • Tsinghua MBA + Columbia Master of Science in Financial Engineering

 

学生クラブ

清華MBAプログラムでは、学生が自分たちで組織やクラブを作り運営することを奨励しています。活発に活動している学生クラブには以下のようなものがあります。

  • TMT Club
  • Ray of Love Association (ROLA)
  • Entrepreneurship, VC and Innovation Club
  • Psychology Club
  • Real Estate Club
  • Medical and Healthcare Club
  • Finance and Investment Club
  • Tai Chi Club
  • Asset Management Club
  • Photography Club
  • Education and Training Club
  • Agriculture and Food Industry Club
  • Human Resources Club
  • Media, Public Relations and Marketing Club
  • Management Consulting Club
  • Football Club
  • Parenthood Club
  • Running Club
  • Traditional Chinese Medicine Club
  • Basketball Club
  • Legal Club
  • Badminton Club
  • Branch of Net Impact
  • Cooking and Cuisines Club
  • Collection and Investment Club
  • Tsinghua Golf Association
  • Women Leadership Club

 

コンペティション

Business Case Competitions

学生は国内外のビジネスケースコンテストに参加し、素晴らしい実績を収めています。また清華SEMは、多くのグローバルなMBAスクールが参加する権威ある”Tsinghua Case Competition”の主催者でもあります。”Tsinghua Case Competition”は、学術界と実業界の架け橋となり、学生が実践的なプロジェクトに共に取り組む機会を提供しています。ケースはすべて中国ローカル企業のもので、参加者がそれぞれの組織に慣れるために企業訪問を実施しています。

 

 

キャリアセンター

清華SEMオフィスの1つであるキャリア開発センター(CDC)は、SEMの学生と採用担当者にキャリアサービスを提供しています。CDCは学生が適切なキャリアパスを見つけることができるように支援するとともに、SEMの人材プールから最適な候補者を採用するために雇用主を支援しており、専門チームによる積極的、効率的、柔軟なサービスを提供しています。

 

中国語語学コース

中国語を十分に理解することは、留学生として中国で生活する上で、日常生活のあらゆる場面でとても有益です。

  1. 学内での中国語学習:清華大学の中国語学習プログラムに参加していない場合は、中国語と中国文化の授業を受けることができます。クラスの空き状況や選択については、国際漢語文化センターのウェブサイトを参照してください。
  2. 学外での中国語学習:近隣エリアには、初級から上級までのクラスや個人レッスンを提供している様々な中国語学校があります。

 

ENTREPRENEURIAL ECOSYSTEM

数十年にわたる進化を経て、清華大学はダイナミックな”ENTREPRENEURIAL ECOSYSTEM”を育んできました。豊富な教育と研究経験を持つ教授陣や、コースのイノベーション、多様な研究センター、最高水準のテクノロジーにより、キャンパス内のイノベーション、コラボレーション、起業家精神に溢れる雰囲気が醸成されています。清華大学では、今まで何千人もの優秀な起業家やベンチャーキャピタル投資家を輩出しています。

 

奨学金

  • Tsinghua MBA Distinguished Student Scholarship:最大198,000元
  • The Belt and Road Initiative Scholarship:最大198,000元
  • Tsinghua MBA Exemplary Student Scholarship:最大150,000元
  • Female leader Scholarship:最大99,000元
  • Entrepreneurial Star Scholarship:最大99,000元
  • Family Business Successor Scholarship:最大99,000元
  • Science and Technology Talent Scholarship:最大50,000元
  • Social Welfare Scholarship:最大50,000元
  • Future Leader Award Scholarship:最大50,000元
  • 北京市政府奨学金(Beijing Municipal Government Scholarship):最大10,000元、この奨学金金額は、1年目のみの金額ですのでご注意ください。2年目の奨学金の額は変更される場合があります。
  • 中国政府奨学金(Chinese Government Scholarship):外国人留学生は、自国の中国大使館を通じて中国政府奨学金(Chinese Government Scholarship)に応募する必要があります。詳細はCSCのウェブサイトをご確認ください。

※「中国政府奨学金(Chinese Government Scholarship)」以外全てMBAオンライン出願システムで申請

 

 

就職状況ハイライト

※2020年卒業フルタイムMBA studentのデータ

就職状況ハイライト_SEM_2021

 

クラスプロファイル

※2021年入学フルタイムMBA studentのデータ

◆概要

クラスプロファイル概要_SEM_2021

 

◆出身国・エリア(人)

出身国エリア_SEM_2021

 

出身国エリア2_SEM_2021

 

◆教育バックグラウンド(%)

教育バックグラウンド_SEM_2021

 

◆MBA以前の業種(%)

MBA以前の業種_SEM_2021

 

アプリケーション

ラウンド 応募〆切 入学申込〆切
1 2021/10/25 2021/12/2
2 2021/12/20 2022/1/20
3 2022/2/21 2022/3/31
4 2022/3/28 2022/4/28
5 2022/4/25 2022/5/26

 

連絡先

Tel: 86-10-62797196

E-mail:  intlmbaadm@sem.tsinghua.edu.cn

Web ホームページ: http://gmba.sem.tsinghua.edu.cn/

 

日本の MBA 受験生へのメッセージ

 

清華大学MBAの強みは、まず何と言っても形成できる人脈の広さと質です。一万人を超える経済管理学院卒業生が強固なアラムナイネットワークで結ばれています。大学全体の卒業生となると二十万人にも及びます。在学中は、MBAの学生以外にも、課外活動や選択授業を通じ他学部の学生とも交流を深めることができます。

 

また、中国国内外でのネームバリューも魅力的です。中国国内では言わずもがな、北京大学と肩を並べるトップの大学であり、また国外においても特に理系の分野において存在感を増していっています。QS 2022では世界第17位、US News 2021、THE 2021ではアジア第1位となりました。

 

中国は世界2位の経済大国として、また隣国として今後も日本にとって最も重要な相手国の1つであり続けるでしょう。北京での2年間は、中国の現状や商習慣をマスメディアの情報による理解ではなく、自身で身近に体験し、学び、考え、そして行動する絶好の機会になるはずです。また、中国最高峰の大学である清華大学のネームバリュー、およびそこで形成した人脈は、今後アジアを軸にビジネスを行なっていく上で、必ずや有用なものとなるでしょう。

 

 

※本学校情報データは清華大学 MBAアドミッションオフィス提供により作成しています

(2021年10月時点)

 

 

<関連記事>

【MBA留学体験記】清華大学 森川 貴之 <2019年入学>

アジアMBA 学校情報一覧

おすすめ