【MBA留学体験記】中欧国際工商学院(CEIBS)中西 豪 <2016年入学>

 

プロフィール

 

名前 :    中西 豪 Nakanishi Go

入学時年齢 : 32

入学前学歴 : 横浜市立大学国際総合科学部 (学士、修士 専攻:有機化学、2009年3月卒業)

職歴 :    (現職)上海恺枫商務咨询有限公司 創業者(インテグラル)

(前職)衛材(中国)薬業有限公司 事業開発部(エーザイ中国)、香港現地スタートアップ 化学品事業部、BASF(日本)R&D MBA前:勤務年数7年>

留学方法 :  私費、既婚、子供有

海外経験 :  大学時代、オーストラリアに交換留学経験あり、2012年より香港で就職、北京に短期語学留学を経て上海で就職経験あり。

GMAT :   Total 680 (Q50/V31)

 

中国での起業、そのために選んだCEIBS(選んだ理由)

 

私が中国でMBAを取ろうと思ったのは長年準備してきた、中国での起業に向けて最終仕上げを実行するためでした。数あるビジネススクールの中でCEIBSを選んだのは、上海を中心として中国で抜群のブランド力、ネットワーク力があるからでした。

 

私が日本で外資系の化学メーカーでR&Dをやっていた時に中国で起業すると決意したのは、MBA入学の約5年前のことです。

「誰かと同じことをやっていても意味がない、人生一回きり自分がやりたいことに思いっきり情熱を燃やして生きていきたい」

という単純な思いから、これまで突き進んでいた欧米での発展路線、技術でのキャリア路線を180度転換し中国でのビジネス路線を歩み始めました。

 

まずは起業を視野に入れながら、香港現地スタートアップでゼロベースからの新規事業開拓を経験し、その後北京にて中国語を学んだ後、上海で就職しました。その当時から「CEIBS(中国では「中欧」と呼ばれている)」の名前は中国人の同僚などからよく耳にしていました。

 

中国では欧米企業同様にMBAは採用において明らかに有利になる傾向があります。私がいた化学や製薬業界では、トップ企業へ最短でマネージャーレベル以上のポジションにつくための王道手段として、若いキャリア層の間でしばしばMBA取得は話題になります。特にCEIBSは上海における企業間での知名度は高く、有名な大手企業であればほぼ全ての企業にCEIBSの卒業生達が入り込んでいると言えるでしょう。

 

私が当時働いていたエーザイ中国の副総経理(副社長にあたる)もCEIBS卒業生で、私がビジネススクールを選ぶ際によく相談にのって頂きました。この副総経理に私が、「MBAを取った後起業したいのだがどのスクールが良いと思うか?」と尋ねた時に彼から言われたのは、「国際舞台で発展したいのなら欧米のトップスクールに行け、中国で発展したいのならCEIBSに行けというアドバイスでした。

 

他の中国のビジネススクールもいくつか検討しましたが、中国でのブランド力ではほぼ同程度という認識で、最終的にはよりアルムナイ・ネットワークが広大なCEIBSMBAは1学年200人程度、EMBAは毎年700人程度)を真剣に検討するようになりました。最終的にはキャンパスビジットを通じて在校生と対話、構内の雰囲気を知り、あとは直感で「ここだ!」と思って決めました。

 

 

全体スケジュール

 

CEIBSのカリキュラムは7学期(ターム制)で構成されており、第1~3ターム(8月の入学から翌年の3月まで)が必修科目で第4~7ターム(4月から翌年の2月まで)は選択科目となっています。交換留学は第6ターム(9月~12月)に行われます。

 

<取得コース数>

各タームで取得したコース数

  1年目 2年目
秋(8-12) 冬(1-3) 春(4-7) 夏休み 秋(9-12) 冬(1-4)
Core courses 12 4 4   0 0
Elective courses 1 4 4   1 0

 

<忙しさ度合>

各ターム毎費やした時間を%で表示

  1年目 2年目
秋(8-12) 冬(1-3) 春(4-7) 夏休み 秋(9-12) 冬(1-4)
授業 80% 85% 60%   5%  
クラブ活動 5% 5% 5%      
旅行 5% 10%        
ジャパンナイト 10%          
起業活動     35% 100% 95% 100%

 

あわせて読みたい