【MBA留学体験記】香港大学(HKU)李 暢 <2017年入学>

 

プロフィール

 

名前 :    李暢 Li Chang

入学時年齢 : 28歳

入学前学歴 : 立命館アジア太平洋大学アジア太平洋マネジメント学部 専攻:管理会計(2011 年 9 月卒業)

職歴 :    (現職)Plug and Play Japan、Insurtechチーム

       (MBA 前)大手生命保険会社運用審査部 アメリカ現地法人 収益管理部  <MBA前:勤務年数5 年2ヶ月>

留学方法 :  私費、単身

海外経験 :   (MBA 前) 中国生まれ育ち、大学で来日。入社後ニューヨークで1年間勤務経験あり

TOEFL:   Total 98

GMAT :   Total 640

 

 

中国出身なのに中国を知らない(なぜ欧米ではなくアジアなのか)

 

2014年に前職の保険会社のクロスボーダーM&Aに携わり、1年間ニューヨークで働いていました。その当時、日本の大手生命保険会社は相次いでアメリカで買収を行い、業界で話題になりました。一方で、中国の保険系PEファームFosun(復星)は、アメリカですでに投資銀行に一目置かれる存在になっており、2014年に中国のAnbang(安邦)保険がニューヨークのWaldorf-Astoriaホテルを買収した事も大きなニュースになりました(その後売却する羽目になりましたが)。ニューヨーク在住時、仕事でWall-streetに行くことも多く、Alibabaを始め、いくつかの中国企業のニューヨークでの上場を間近で見ることができました。日本で働いていた当時は、特に保険業界においては中国が遅れているという見方を持っていましたが、ニューヨークにて中国の勢いとスピードを肌で感じました。

 

私は中国四川省出身で、大学の時に来日し、そのまま新卒で日本で就職しました。就職後も、年に一回は四川に帰省しています。今、四川では買い物は、現金ではなく、Wechat Pay(QR・バーコード決済サービス)を皆使っています。街中には、ofoやMobikeと言ったシェア自転車が溢れています。そして、いつの間にか中国で働いている高校の同級生に給料が追い越されていました。

 

大学から中国を離れ数年、今の中国で何が流行っているのか、小さいときに使っていたチャットツールのTencentがどこまで大きな企業になったのか、あまりのスピードの速い変化に、私は中国出身であるにもかかわらず、中国が全くわからなくなっていました。中国の今を知りたい、中国でのネットワークも作りたいと思い、“中国のMBA”に進学することを決意しました。

 

中国出身者で海外でも仕事をした経験より、「中国の実力よりネットワークを重視するところ」「ルールを守りたがらないところ」といった遅れている商習慣をよく知る立場だからこそ、中国のことを丁度良い距離感で学べる香港を選びました。

 

香港大学を選んだ理由のもう一つは、合計14か月のプログラムのうち、一つのセメスターはコロンビア大学で学べることです。ニューヨークで働いた経験があるからこそ、金融の中心と言えばニューヨークというのは今でも変わっていないことを実感し、効率良く中国とニューヨーク両方で学ぶことができ、かつ人脈を作れることに魅力を感じ、香港大学のMBAプログラムに決めました。

 

コロンビア交換のクラスメートとニューヨークで

 

 

全体スケジュール

 

<取得コース数>

各タームで取得したコース数

 

 

<忙しさ度合>

各ターム毎費やした時間を%で表示

 

 

あわせて読みたい