【香港の金融業界で働く】就職に役立つ資格証明書とは? Vol.3 CIPM, CAIA&FRM

 

第1回目の「Vol.1 概要&Licensing Examination for Securities & Future Intermediaries」、第2回目の「CFA&CFA institute Investment Foundations Program」に続き、第3回目は「CIPM, CAIA&FRM」について、香港金融業界で10年のキャリアをお持ちの猪原英治さんに引き続き解説して頂きます。

 

 

猪原英治(いのはらえいじ)

香港在住11年。香港中文大学2009年卒(MBA)。日系大手銀行の香港現地法人、米系金融ベンダーを経て現在は米系プライベートバンク勤務。2018年CFA取得。香港在住の日本人の方を対象に、統計の基礎をエクセルを使い学んでいくワークショップ”Learn Statistics“を開催中。Twitter:@eiji_inohara

 

 

 

Certificate in Investment Performance Measurement (CIPM)

 

この試験もCFA Instituteが実施している試験であり、香港ではアセットマネジメント業界に勤務する方を中心に取得されている方が多くいます。しかし、日本では全くといっていいくらい知名度がありません。

この試験は一言で表すとアセットマネジメントの投資パフォーマンス測定を行う知識を証明するためのものです。投資パフォーマンスの測定はCFAのレベル3の内容にも含まれますが、より専門的な詳しい内容となっています。

CIPM Program 

 

CIPM試験概要

この試験はレベル1とレベル2に分かれています。レベル1とレベル2を順番に受ける必要があり、それぞれのレベルの試験内容は以下のようになっています。

 

 

CIPM Factsheet

 

試験は各レベルとも3月と9月に実施されます。申し込み期限や試験費用などはCFA instituteのページに詳しく説明がありますので参照してください。

 

免除規定

この試験の大きな特徴として、CFAのレベル3に合格した人は、CIPMのレベル1の受験を免除されることです。そのため、いきなりレベル2から受験することが可能です。この免除規定があるため、CFAの保有している人が多い香港では、さらなるステップアップとして、CIPMを受験する人が多いのだと思います。

また、レベル2を合格しただけではCIPMの証明書をもらえるわけではありません。CFA同様、投資に関係する実務経験4年を満たしていることを申告し、年会費を払って会員になることが必要です。

 

勉強方法

CFA Institute Investment Foundations Programと同じように、もしウェブ版テキストではなく、紙で印刷されたものを手元において勉強したい場合、米国のAmazonでオーダーすることが可能です。Volume1とVolume2の2冊あります。必ず出版日を確認して最新のものであることを確認してから注文してください。

 

 

この資格は試験内容が特定分野に絞られているため、アセットマネジメント業界に強い就職希望がある方にとっては実務的な内容が勉強できるために非常に価値があると思います。

 

CAIRN Investment Performance Consulting

Investometrix

 

次ページでは、「Chartered Alternative Investment Analyst (CAIA)」「Financial Risk Manager (FRM)」についてご説明します。

 

 

あわせて読みたい