【香港の金融業界で働く】就職に役立つ資格証明書とは? Vol.1 概要&Licensing Examination for Securities & Future Intermediaries

 

早くからアジア経済を牽引し、ニューヨーク・ロンドンと並ぶ国際金融都市「香港」。近年中国企業の対外投資、国際化の拠点としても重要な役割を担っています。このアジア金融の中心地「香港」の金融業界で働きたい、と思われる方も多いのではないでしょうか?

 

今回は香港でMBA取得後、現地金融機関に就職。香港金融業界で10年のキャリアをお持ちの猪原英治さんに、香港金融業界で就職・転職に役立つスキル・資格情報について解説して頂きます。

 

 

猪原英治(いのはらえいじ)

香港在住11年。香港中文大学2009年卒(MBA)。日系大手銀行の香港現地法人、米系金融ベンダーを経て現在は米系プライベートバンク勤務。2018年CFA取得。香港在住の日本人の方を対象に、統計の基礎をエクセルを使い学んでいくワークショップ”Learn Statistics“を開催中。Twitter:@eiji_inohara

 

 

 

資格?証明書?学位?

 

香港在住の日本人の方、また香港で就職を希望される日本人の方から「香港の金融業界で就職するにはどのような資格をもっていると有利となりますか?」という質問を受けることが時々あります。

 

まず言葉の定義ですが、日本ではCPAやTOEFL、MBAなども「資格」と言ってしまうことがあります。そのため少し強引ですが混乱をさけるために以下のように分類します。

  1. 独占業務を有するもの(保持してないとできない仕事があるもの):資格
  2. 知識(および経験)を証明することができるもの:証明書
  3. 教育機関を卒業することによって得られるもの:学位

 

1はソリシターなどの弁護士資格、3はMBAやPhD(博士号)などが該当します。これらについてはここで言及はせず、今回ご説明するのは「香港の金融業界への就職に役立つ」2の証明書についてです。そのため、少し違和感はありますが以下、「資格」ではなく「証明書」と記載していきます。また、語学の能力の証明書、IELTやHSKについても言及はしません。

よって、一般の日本人が香港で士業につくのではなく、金融業界で就職したいあるいは転職を考えるときに、大学院などにいくのではなく、独学で得ることができる証明書としてはどのようなものがあるのかをご説明していきます。

 

 

そもそも証明書があると就職に有利か?

 

香港だけではなく日本でも同じことが言えますが、証明書をとったからといって就職ができるということはまずありません。就職で一番大事なのは職務経歴であり、今まで何をやってきたのか、どういうことができるのか、ということが就職先(転職先)の求める人物像と一致していることが最も重要となります。

ただ、それでも私は必要な証明書を取得することは決して無駄ではないと考えます。私を含めて日本で育った日本人の方であると、面接に進めたとしても、短い時間で自分の能力を英語でアピールすることは容易ではありません。その点、証明書は文字通り知識・能力を証明するためのものですので、「必要な知識をちゃんと有している、また難しいことがあってもきっと頑張って勉強してくれるだろう」という印象を与えることができます。

 

 

hong kong

 

 

どのような証明書を選ぶべきか?

 

「よし、何か証明書を取得しよう!」と思い立っても次に悩むのが何を取得すれば良いのか、ということです。これについてはまず以下の点に注意して選ぶ必要があります。

 

  • 広くに認知されている
  • 簡単に取得できるものではない
  • かといって10年勉強してもとれないような難易度ではない
  • 入りたい業界、会社の業務にマッチしている(金融業界でも様々です)
  • 名前の後ろに記載できる

 

最後の「名前の後ろに記載できる」の意味がよくわからない方もいらっしゃると思いますが、証明書は取得した後にアピールをしなくては意味がありません。試しに、LinkedinでCFAと検索してみてください。名前のあとに「,CFA」と付いている香港の方が沢山ヒットします。勉強好きな人は「,CFA ,CPA ,CIPM ,FRM」などズラズラ並んでる方もいます。これが「名前の後ろに記載できる」証明書です。このように名前の後ろに記載できる証明書であるとLinkedin経由でヘッドハンターからコンタクトされることも多くなり、非常に有効なアピールとなります。

また、人気のある証明書は対策講座を開く塾が存在します。例えば、カプランのような大手の塾で対策講座があるものについては、それだけのお金を払っても取得したい生徒が多くいることなので、無駄なものではないと信じてみるのも良いと思います。

 

<参考>Kaplan Financial – Financial Market

 

 

証明書の具体例

 

上記の点を勘案し、本記事では以下の証明書を紹介していきます。

  1. Licensing Examination for Securities & Future Intermediaries
  2. Chartered Financial Analyst (CFA)
  3. CFA institute Investment Foundations Program
  4. Certificate in Investment Performance Measurement (CIPM)
  5. Chartered Alternative Investment Analyst (CAIA)
  6. Financial Risk Manager (FRM)

 

これらの証明書とそのキャリアパスについてを図式化した表が以下です。ご自身のキャリアパスに合わせて、必要だと思われる証明書をご確認頂けます。

 

 

次ページからは、まずは「1. Licensing Examination for Securities & Future Intermediaries」についてご説明します。

 

 

あわせて読みたい