【香港の金融業界で働く】就職に役立つ資格証明書とは? Vol.2 CFA&CFA institute Investment Foundations Program

 

第1回目の「Vol.1 概要&Licensing Examination for Securities & Future Intermediaries」に続き、第2回目は金融業界の中では非常に価値が高い「CFA&CFA institute Investment Foundations Program」について、香港金融業界で10年のキャリアをお持ちの猪原英治さんに解説して頂きます。

 

 

猪原英治(いのはらえいじ)

香港在住11年。香港中文大学2009年卒(MBA)。日系大手銀行の香港現地法人、米系金融ベンダーを経て現在は米系プライベートバンク勤務。2018年CFA取得。香港在住の日本人の方を対象に、統計の基礎をエクセルを使い学んでいくワークショップ”Learn Statistics“を開催中。Twitter:@eiji_inohara

 

 

 

Chartered Financial Analyst (CFA)

 

CFAは金融業界の中では非常に価値の高い証明書であり、世界的に評価されていることからグローバル・パスポートと呼ばれます。香港の金融業界で働く人の間では知らない人はいないと言って良いと思います。

 

 

CFA試験概要

 

試験はレベル1からレベル3までの3段階にわかれており、順番に合格していく必要があります。

 

レベル1は毎年6月と12月に実施、レベル2とレベル3は毎年6月の年一回実施されます。すべてのレベルの試験で午前の部と午後の部にわかれており、それぞれ3時間、合計で6時間の長丁場となります。レベル1とレベル2は全問選択問題、レベル3のみ午前の部は筆記、午後の部は選択問題となります。

 

試験内容は多岐に渡ります。職業倫理、計量分析、経済学、財務諸表分析、コーポレート・ファイナンス、株式分析、債券分析、デリバティブ、オルタナティブ投資、ポートフォリオ・マネジメントが含まれます。それぞれの加重はレベルによってことなり、レベル1とレベル2はあまり変わらないのですが、レベル3になるとポートフォリオ・マネジメントの加重がぐっと増えることになります。

 

 

 

ただし、試験内容は毎年少しずつ変わります。一度落ちても、同じテキストで再挑戦するのではなく一番新しいテキストでもう一度勉強されることを強く推奨します。

 

より詳しい、正式な説明文はCFA Instituteもしくは日本CFA協会のページをご参照ください。

 

CFA Institute > CFA Program
CFA Society Japan > CFA Program

 

カプランでもメインの講座として位置づけられており、対策講座と試験内容についての説明が掲載されています。

Kaplan Financial > Chartered Financial Analyst

試験内容や試験の頻度、また料金についも記載されています。料金については変更される可能性もあるのでかならず最新の料金をご確認ください。一点、試験の申し込みが早いほど安くなる仕組みがとられていますので、申し込みが遅くなると料金が高くなる点、注意が必要です!

 

次のページはCFA受験体験記です。

 

あわせて読みたい