【MBA在校生レポート】香港科技大学(HKUST) MBA生活:学生寮編

 

MBAランキングで長年上位を位置する香港科技大学(HKUST)MBA。その魅力の一つはダイバーシティ溢れるクラスメイト達との強固なリレーション。そのリレーション形成の土台となる寮生活について、在校生である菊井毅さん(Class of 2021/Intake2019)にレポートして頂きました。

 

 

菊井 毅 (きくいたけし)

香港科技大学(HKUST) MBA Intake2019。慶應義塾大学経済学部卒。新卒で外資ヘルスケアメーカーに入社後、日系戦略ファームに転職。インフラ・メーカー等のクライアントに対する経営支援に従事。HKUST MBA Japan Club CIO。Linkedin

 

 

香港科技大学(HKUST) MBAの学生寮とは?

 

入寮者のプロファイル

 

香港科技大学(HKUST) MBAのIntake2019は約100名。そのうちの約70%は学校内にある8階建ての学生寮(通称:Tower C)に住んでいます。

こちらの寮は単身での入寮が想定されており、希望者は基本的に全員入寮することができます。ご家族同伴で香港に来る学生は学外でアパート等を借りて住むケースが多く見られます。

 

MBA生が住むTower C

 

 

学生寮の立地

 

香港はビジネス街としてのみならず、壮大な自然を誇る景観地としても有名です。HKUSTは新界エリアのClear Water Bayという地域に位置し、綺麗な海と山のどちらも羨望できる最高のロケーションを誇り、特にTower Cからはオーシャンビューもマウンテンビューも一望することが可能となっています。結果として、他のアシアMBAキャンパスと比較しても特に恵まれた住環境で学生生活が整備されていると言えます。

 

Tower Cから見られるオーシャンビュー

 

 

学生寮の間取り・部屋割り

 

4名が入寮できる4LDKの部屋が各フロアに6部屋ずつという構成で、6階は女性学生、7-8階は男性学生に充てられています。日本人Intake2019は6-8階の各階に1名ずつ住んでいます。

 

個室が割り当てられているためプライベートはしっかりと確保されており、作業に集中したいときはいつでも一人になることができます。また、各フロア・各部屋には机や冷蔵庫、洗濯機などが備え付けられ、入寮初日から問題なく生活することが可能です。もちろんWi-Fiを始めとするインフラも完璧に整備されています。

 

肝心の部屋割りですが、基本的にダイバーシティを考慮しつつ学校側からランダムに決められます。私の場合、8階のオーシャンビューの部屋に割り当てられ、7月28日現在はインド人のルームメイトと住んでいます。8月1日にMBA生全員揃ってのオリエンテーションがあるのですが、それまでに更に2名のルームメイトが入寮する予定です。

 

学生寮内部の写真(Intake2019の日本人学生とそのルームメイト)

 

 

学生寮入寮に係る金額

 

HKUSTの学生寮は8万円/月程度の料金で入寮することができます。8万円/月が高いどうかは個々人の判断によるかと思いますが、私としてはリーズナブルだと考えています。というのも、そもそも香港における賃貸相場は東京以上と言われており、8万円では香港の中心地に住むのは中々難しいです。

また、電気・ガス・水道・通信環境・基本的な備品などの追加料金が一切かからず、学内の施設には5分で行くことができ、加えて素晴らしい羨望を誇るマンションの上層階に入れると考えたら、逆に安すぎるくらいかと思います。

 

あわせて読みたい