プレスリリース

人生100年時代、アジアでキャリアチャレンジする時代が到来!

アジアでMBAを取得する日本人が過去10年で1.5倍

「アジアでMBAを取得する日本人総数の推移」調査レポート

 

2019年8月7日

PDFファイルで表示

 

社会人向けのビジネスに効くアジア留学支援を行う、一般社団法人アジア留学協会(所在地:東京都新宿区、代表理事:梶並千春、以下「アジア留学協会」)は、「アジアでMBAを取得する日本人総数の推移」調査結果を公開しました。

人生100年時代、学び直しの場としてアジアでキャリアチェンジをする日本人が増えています。アジア留学協会が過去10年分のアジア(※1)でMBAを取得する日本人総数の推移を調査したところ、この10年で1.5倍に増加していることがわかりました。今後アジア留学協会では、 「アジアでMBAを取得する日本人総数の推移」調査を毎年実施、留学動向を発表してまいります。

(※1):アジアは、MBAランキング上位に入る中国大陸・香港・シンガポールの主要10校と定義

 

アジアでMBAを取得する日本人が過去10年で1.5倍

 

アジアでMBAを取得する日本人総数は2010~2014年の120名から、2015~2019年は178名と過去10年で1.5倍に伸びました。2019年のエリア別の内訳を見ると、シンガポールの割合が最も高く52%、次いで中国大陸26%、香港22%となっています。

近年の傾向としては、中国大陸への進学数が伸びてきています。理由としては中欧国際工商学院(CEIBS)のMBAグローバルランキング第5位(※2)と大幅なランクアップや、中国ITビジネスの活況、日中関係の改善などが考えられます。

 

・アジアでMBAを取得する日本人総数の推移

<調査概要>
調査対象:2010~2019年入学の中国大陸・香港・シンガポールの主要10校のフルタイムMBA日本人総数
調査方法:各校MBAオフィス・卒業生・在校生への聞き込み
調査期間:2019年6月~2019年7月 

(※2):Financial Timesによる“Global MBAランキング2019”で中国・上海のMBA「中欧国際工商学院(CEIBS)」はアジア初の第5位

 

 

■一般社団法人アジア留学協会

本協会はアジアのトップ大学留学経験者が中心となり、日本のアジアビジネスをリードする人材の育成及び日本企業のアジアビジネス力の向上を目的として、2019年4月に設立された団体です。

社会人向けのアジア留学情報サイト「アジアで学ぶ」の運営、キャンパスビジットツアー、留学動向の調査などを提供することにより、社会人が自らの意思で学びたいと思った時の、学び直し・キャリアチェンジをサポート。ビジネスに効くアジアでの学びの機会を提供して参ります。

 

・社会人向けアジア留学情報サイト「アジアで学ぶ」
https://asia-study.org/
MBA、中国語、大学院、アジアでのキャリアアップのための資格情報など、社会人のためのアジア留学情報サイト。

 

・中国大陸・香港・シンガポールMBAキャンパスビジットツアー
卒業生がガイドを務め、学校オフィス・在校生のアレンジによる、週末1日または2日でMBA主要校を回るキャンパス訪問ツアーです。
中国大陸:https://asia-study.org/event/campus-visit-tour-china-2019/
香港:https://asia-study.org/event/campus-visit-tour-hk-2019/
シンガポール:https://asia-study.org/event/campus-visit-tour-singapore-2019/

 

 

■代表理事:梶並千春

香港中文大学MBA卒業後、大手広告代理店にて、グローバル企業のマーケティングに従事。本社勤務、北京支社勤務を経て、2017 年退職・独立。在学中よりアジアMBA普及活動に従事し、日本で初のアジアMBA本『アジアで MBA (英治出版)』を出版。

中国での勤務在住経験より、ビジネスに役立つアジアでの学びの機会をより多くの日本人に提供したいという思いより、「アジア留学協会」を設立。現在は中国・北京在住。

 

 

<本件に関する報道機関からのお問合せ先>
一般社団法人アジア留学協会 担当:梶並
お問合せはこちら