Financial Times MBAランキング2018発表!アジアMBAの順位は軒並み上昇

 

毎年1月末に発表されるFinancial TimesのWorld MBAランキングですが、2018年度版が発表されました。ここでは、今年のアジアMBAのランキング状況についてご紹介します。

 

 

MBAランキング2018

 

まずはTop5から。

順位 学校名 国名
1位 Stanford University US
2位 INSEA France/Singapore
3位 University of Pennsylvania US
4位 London Business School UK
5位 Harvard University US

 

Stanfordが栄えある第一位になりました。一方でINSEADは首位の座から陥落して3年連続の一位とはなれませんでした。

3-5位については、例年通り世界トップ校がランクインしています。本当のTop of Topはこの5校といってもいいほどで、他校がTop5に入るのはなかなか難しいと思われます。

 

つづいてアジアMBAについてはどうなったでしょうか。

順位 学校名 国名
8位 CEIBS(中欧国际工商学院) China
14位 HKUST(香港科技大学) Hong Kong
18位 NUS(シンガポール国立大学) Singapore
22位 NTU(南洋工科大学) Singapore
28位 ISB(Indian School of Business) India

 

昨年に続いてCEIBSが大幅に順位を上げて8位にランクインし、アジアMBA1位の座を確保。競合ひしめくTop10の中にランクインしました。

そして、今年はシンガポールMBAの躍進が見て取れます。NUSは昨年の26位から18位へランクアップし、Top20入り。NTUも小幅ながらランキングを上げて22位となりました。また、表には載せていないですが、SMU(シンガポール経営大学)が初のランクインを果たして49位へ。

 

アジアMBAの順位と給与水準は?

 

FTランキングは卒業生のパフォーマンス(主に給与)等によって決定されるため、毎年ランキングは変動します。

そこで、昨年と同じくアジアMBAの過去5年の推移をグラフで追っていくことにしましょう。

 

今回はCEIBSが8位にランクインし、Top10の壁を越えました。

 

次は卒業後3年後のサラリー分析です。

 

全般的に見てアジアMBAの給与水準は年々上昇しています。最も給与が多いのは上海のMBAスクールCEIBSで$162,858です。日本円で約1,780万円くらいでしょうか。給与水準の上昇率からTop10入り下のも納得です。

CEIBS以外のアジアトップ校も軒並み給与水準を上げています。例えばランキング18位のNUSは$143,917でこの数字は欧州Top校の一つであるIESEやESADEとほぼ同じ水準です。

 

まとめ

 

ここまで、先日発表されたFinancial Times MBA Rankingをもとに、アジアMBAランキングの趨勢を見てきました。

数年前に比べれば少しずつアジアMBA各校のランキングは上昇しており、給料水準に関しては明確な上昇が確認できます。アジアの勢いに乗りたい方、今後も要チェックです!

あわせて読みたい