【MBA留学体験記】北京大学・光華管理学院 高橋とも子<2017年入学>

 

プロフィール

 

名前 :    高橋とも子 Takahashi Tomoko

入学時年齢 : 34歳

入学前学歴 : 上智大学比較文化学部(専攻:社会学、2008 年 3 月卒業)

職歴 :    (現職)電機メーカー・インフラ部門海外営業

       (MBA 前)勤務年数 11年間(学生時代の在ソロモン日本大使館勤務の2年間を含む)

留学方法 :  社費、単身

海外経験 :  ( MBA 前)高校及び大学時代に各1年間アメリカに交換留学経験あり。大学時代2年間休学し、在ソロモン日本大使館にて勤務。

TOEFL:   Total 101 (L28/ R27/ S22/ W24)  

GMAT :   Total 620 (Q42/ V33/ AWA5.0)

 

東から西へ方向転換“アジアで MBA”という選択(選んだ理由)

 

MBAの三文字しか知らない中で、突然受験準備とMBAのリサーチが始まりましたが、当初は米国のMBAスクールしか選択肢にないものと思っていました。スコアを上げてランキングの高いスクールを選択するという発想しかなく、スコアもモチベーションも上がらない中、インターネットで検索をしていた時、ふと「アジアでMBA」という本を目にし、閃いたのが中国本土留学でした。学生時代に米国へは留学経験があったこと、またメーカー入社以来の担当地域もずっと北米であった為、自身の仕事の幅や可能性を如何に広げるかに行き詰まりを感じていた時期でもありました。中国市場の重要性、兼ねてより趣味で続けていた中国語、様々な点が繋がった瞬間でした。そこから、会社との行先変更(会社もびっくり!)の交渉、週末を使っての北京と上海の学校見学を経て、中国を最も体験できそうだと感じた北京に行こうという決断にいたりました。

 

超短期準備期間、悩んだ学校選択(合格/入学まで)

 

2017年入学が条件のMBA派遣の話があったのが2016年9月、社内試験が終わり、受験準備のための情報収集を始めたのが2016年10月と非常に遅いスタートであったこともあり、気持ちの焦りに負けてしまっていた部分も大きく、スコアメイクには苦戦を強いられました。予定されていた海外出張を終え、業務調整をしてもらい、通塾を始めたのが2017年11月末でしたが、その後の職場の理解が大きかったのは非常に助かりました。GMATのVerbalの勉強に関しては、非常に苦しい時間ではあったものの、自身の英語を真摯に見直し、一から学び直す機会となり、非常に得るものの大きかった4ヵ月でした。この準備期間で得た学びや挫折もMBA留学の大きな財産です。最後に最も悩んだのは学校選択でした。日本人卒業生の方々とも沢山お話をさせて頂き、悩み抜いた結果、自由な校風とキャンパスに一目惚れした北京大学に行くことに決めました。

 

全体スケジュール

 

北京大学・光華管理学院のカリキュラムは春・秋の2学期で構成されており、2年間で45単位(31単位の必修科目と14単位の選択科目)を取得し卒業となります。また、卒業にあたり論文が必須となっており、2年目春学期の論文のディフェンス時までに単位の取得完了が条件となっているため、2年目春学期前半までに45単位習得している必要があります。2年目の秋学期乃至は春学期には多くの学生が交換留学に参加します。また、1年目の夏休みには海外のMBAスクールで開催される1~2週間のサマースクールへの参加も可能です。

 

<取得コース数>

各タームで取得したコース数

 

<忙しさ度合>

各ターム毎費やした時間を%で表示

 

あわせて読みたい