【香港の金融業界で働く】就職に役立つ資格証明書とは? Vol.2 CFA&CFA institute Investment Foundations Program

 

 

CFA Institute Investment Foundations Program

 

この証明書は取得しても名前の後ろにつけることはできませんが、非常に良い試験だと思うので紹介します。誤解を恐れずに言うと、これはCFAをぐっと簡単にした入門者向けCFAです。試験はCFA同様、CFA Instituteが行なっています。

 

 

試験概要

 

試験内容はCFA同様多岐に渡ります。投資業界概要、職業倫理、経済学、国際貿易、財務諸表分析、定量分析、債券分析、株式分析、デリバティブ、オルタナティブ投資、リスク管理、パフォーマンス評価などです。詳細は以下CFA Instituteのページをご参照ください。

CFA Institute Investment Foundations Program

試験内容だけ見るとCFAと同じように思われるかもしれませんが、内容は本当に重要な点だけに凝縮してあります。

例えば財務諸表分析では、財務三表のつながり、Current RatioやROEなどの指標の意味などには言及しますが、CFAで受験者を悩ませる減価償却 の方法の違いや外貨換算の方法などは含まれておりません。数式での説明は最小限にしてあり、数式がでるところでも極めてわかりやすく平易な英語で解説してありますので、数学が苦手な方でも大丈夫なはずです。

内容は金融業界未経験の方を対象にした試験とのことで、冒頭部分は金融とはなにか、銀行とは、資本主義とはなにかというところから始まっています 。内容の一部は、CFAのレベル3で出てくる内容も含まれています。投資家別の特徴とは、VARなどのリスク管理手法とはなにか、ファンドのパフォーマンスをどのように測定するのかなどです。

 

 

受験方法

 

驚くべきことに、現時点ではこの試験は無料で受けることができます。

ウェブから登録をすると、Leaning EcoSystemというウェブ版でのテキストへのアクセスができるようになります。これを読んでいき、Leaning Mock ExamのAとBで70点を取ることができれば、最終試験がアンロックされ、最終試験を受けることができます。最終試験はウェブ上で行い、100分、100問の選択問題です。

合格すると、デジタルバッチとプリント可能な証明書をもらうことができます。デジタルバッチとはウェブ上で認証する小さな証明書であり、リンクドインなどに貼り付けることのできます。CFAでも同様のバッチがあります。そのため、名前の後ろに入れられるものではありませんが、必要最低限の知識はあるということで履歴書に書いても良いと思います。ただ、この試験自体を知らない方も多いとおもうので、CFAと勘違いされないようにした方が良いかもしれません。

 

 

勉強方法

ウェブ版テキストではなく、紙で印刷されたものを手元において勉強したい場合、米国のAmazonでオーダーすることが可能です。Volume1とVolume 2の2冊あります。かならず出版日を確認して最新のものであることを確認してから注文してください。

 

 

CFA同様、カプランでも対策講座が開かれています。

Kaplan – CFA Institute Investment Foundations Certificate

 

私はCFAを取得してからこの試験の存在に気が付きました。CFAを取得しているため受けることはありませんが、紙のテキストは購入して参考書として手元においてあります。もしこの試験をCFAの先に勉強していたら、CFAに6年も費やすことはなかったかもしれません。そのため、CFAの準備として勉強したいという方、金融業界に興味がもてるかどうか試してみたい方には是非お勧めします。

 

<シリーズ記事>【香港の金融業界で働く】就職に役立つ資格証明書とは?

Vol.1 概要&Licensing Examination for Securities & Future Intermediaries

Vol.3 CIPM, CAIA&FRM

 

※免責事項
本記事に記載の内容は全て筆者の個人的見解によるものであり、所属組織とは無関係です。また記載の内容の正確性を保証することはいたしかねます。証明書の取得を検討する場合は必ずご自身で確認、問い合わせを行ってください。

 

 

おすすめ