作成者: C.Kajinami

アジアMBA各学校比較(2021/2022年版)

主要アジアMBA(中国大陸、香港、台湾、シンガポール)各校のプログラム期間・学費・クラスサイズ・留学生比率・MBAランキング・出願情報などの最新情報を一覧で掲載。アジアMBAならではの特長を、プログラム内容・費用・就職・中国語などのポイントごとに欧米MBAと比較しながらご紹介します。

MIT

ダブルディグリーの選択肢が幅広い 〜アジアMBAのメリット〜

取得できる学位は2校でのMBA+MBAだけでなく、エンジニア系、医学、公共政策など多岐にわたります。エリアもアジア+欧米以外にも、アジア+日本のMBAを取得できるプログラムもあります。本記事では、MBA+αとしてのダブルディグリーのメリット、目指す際の注意点、アジアMBA各校のダブルディグリー提携校一覧をご紹介します。

今こそ香港2_HKUST_佐藤

【MBA留学体験記】今こそ香港の理由

2019年秋に香港科技大学(HKUST)に入学され、香港民主化デモという歴史の転換点の真っ最中に現地の空気を肌で感じてこられた佐藤拓也さんによる在校生レポートです。米中対立が進む中、今こそ香港である理由。日本の報道では語られない、現地にいるからこそ見えてくるアジア地域の見方、香港の重要性・役割、卒業直後の生の想いを交えてレポートして頂きました。

アジアMBA夏祭り2021_パネルディスカッション_レポート記事

【セミナーレポート】アジア現地で活躍する卒業生によるパネルディスカッション

アジアMBA夏祭りの連動企画として、MBA卒業後上海・シンガポール・香港、アジア現地でキャリアを積んでいる卒業生とオンラインで繋ぎ、留学生活、就職活動、現地での仕事にどうMBAが活きている点など、“アジアMBA to アジアで働く”現状をお聞きしたセミナーレポート記事です。

HKUST_牧島

【MBA留学体験記】香港科技大学(HKUST) 牧島 諒 <2020年入学>

香港科技大学(HKUST)2020年入学の牧島さんの留学体験記です。メガバンクから社費留学にてMBAに進学。金融機関に勤めるキャリアにおいて、なぜアジアMBAを志したのか。コロナ禍における留学生活での、授業、ケースコンペティションの様子など現地の様子を詳しくご紹介頂いています。

トップ画像_NTU

【学校情報】南洋理工大学(NTU)MBA

南洋理工大学(NTU) のプログラム概要、カリキュラム、クラスプロファイル、日本の MBA 受験生へのメッセージなど、オフィシャル学校情報を一挙掲載。最短12ケ月で卒業可能、インテンシブかつ実践的なプログラムです。各種奨学金制度も取り揃い、社費留学生向けに授業料のコーポレートディスカウントもあります。

HKUST_キャリアセミナー

【セミナーレポート】香港科技大学(HKUST)卒業生が語る留学・キャリアチェンジ体験談

アジア屈指のビジネススクール香港科技大学(HKUST)MBA卒業後、戦略コンサル、投資銀行、PEに就職した卒業生3名をお迎えし、去る7月24日に「香港科技大学(HKUST)卒業生が語る留学・キャリアチェンジ体験談」と題しオンラインセミナーが開催されました。本記事では、このセミナーの模様をレポートとしてお届けします。